セックスミュージアムができるまで

セックスミュージアム設立準備委員会ブログ

セックスミュージアム設立準備委員会ブログ。
性の研究を社会に還元する博物館を通じて性の健康を享受する社会を目指しています。 Committee for Preparation of SEX MUSEUM JAPAN

カテゴリ: 全般

セックスミュージアム設立準備委員会のfacebookページができました!!

こちらを登録されますと性を探求する場SEEXのイベント情報が、facebook上のカレンダーで見やすくなります。是非ご登録お願いします!!!


セックスミュージアム設立準備委員会facebookページ
https://www.facebook.com/SexMuseumJapan/

セックスミュージアム設立準備委員会代表のイロタカです。
セックスミュージアム設立準備委員会について少し説明をします。


セックスミュージアム設立準備員会は現在私が個人で動いているのが基本ではありますが、情報、場所、人の紹介などサポートしてくださる方々がいます。
 
例えば、性の健康デーで展示したSEX MUSEUM AROUND THE WORLDのうち、ハンガリーとアルゼンチンの博物館の情報は、情報提供によって見つけられた博物館です。このような英語情報がほとんどないローカルミュージアムは到底自力ではたどり着けないので、本当にありがたい限りです。
 
現在協力を取り付けている海外情報提供者を地域別でみると、台湾、香港、インド、ハンガリー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スウェーデン、イギリス、アルゼンチン、ジャマイカ、アメリカとなっています(デンマークも加わりそう)。意外とグローバル。


また情報だけでなく、月1回開催している性を探求する場「SEEX」の会場の無償提供を受けたり、知り合いを紹介していただいたりと、いろんな方にすでに支えていただいております。ありがたや。

無題
性を探求する場「SEEX」を1か月に1回やっています。




そうは言っても今までは私の顔を知っている人からの協力だったのですが、最近Twitterで投稿した
 
「性に向き合う博物館、セックスミュージアム設立のためのメンバーを募集します。性の権利宣言を軸にした、科学的な移動博物館を現在は想定しています。興味がある方は個別にご連絡ください。」
 
というツイートに対し、知らない方からも問い合わせが来るようになりました。
どの程度活動にかかわっていくかでサポーターか、運営側のコアメンバーになるか、変わってくると思うのですが、興味を持って下さった方々が楽しく活動できるように配慮していきたいと思っていますので、気になる方はぜひご連絡ください。

 
ひとまず、直近で12月にボスニア・ヘルツェゴビナの紛争時における性暴力について講演を開催します。以前から応援していただいていたサポーターが登壇者として名乗り出て下さいました。この件を詰めないといけないので、このボスニアの件を含めて関わりたい方のご連絡お待ちしております。

はじめまして、セックスミュージアム設立準備委員会代表のイロタカです。
日本で秘宝館ではない、性に向き合うミュージアムを作りたいと動いています。

セックスミュージアムのブログを他で作ろうとしていたところ、使い勝手が分からなかったので、以前個人で開設した当ブログをリニューアルして利用することにしました。
記事がないのに開設日がだいぶ前なのはそのためです。

とりあえずブログが欲しかったので、デザイン性に乏しくなっておりますが、どうぞよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ