こんにちは、イロタカです。
先月の
性を探求する場SEEX04は、アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館wamに行ってきました。


2月17日まで開催されている特別展「日本人『慰安婦』の沈黙~国家に管理された性」がメインだったのですが、参加者とみっちり5時間弱かけて展示を読み解いてきました。明治時代以降に売春を国の管理の下に置いた公娼制度と慰安婦、戦後の話が丁寧に調べられており、とても興味深かったです。



「慰安婦」と言うと外交問題のイメージになってしまい、ちょっととっつきにくいと思うんですが、今回の特別展「日本人『慰安婦』の沈黙~国家に管理された性」は公娼制度を軸に話が展開されていたため、以下の人たちが見るのが面白いんじゃないかなと個人的に思いました。

1 セックスワーカー
性が職業になっていく課程が見られる。国の思惑で禁止と許容を繰り返す。

2 アングラ界隈
国による性の管理について考えられる。

3 医療関係者
性感染症予防の観点から国による性の管理に加担する医者が出てくる。

4 警察、自衛隊関係者
 警察と軍隊が仲悪い様子が見られる。


また、話題に上がりにくい日本人慰安婦についての展示ということで、世界各国日本各地に派遣された日本人慰安婦の話も、とてもよかった。敗戦国日本の慰安婦は、戦勝国の慰安婦より深い沈黙を強いられているというのがひしひしと伝わってきました。


ガイドをされていた資料館の方に、慰安婦問題について関心を持たれにくいことや、この沈黙についての原因について考えを伺ったところ、「性の語りづらさ」を言われました。これは私にとってはちょっと意外でした。

慰安婦に限らず、性について取り組む人たち全てが言う「性の語りづらさ」。何がそれを生み出しているのかに想いを馳せつつ、性に関して取り組んでいる人たちが同じ思いを持ち合わせていることによる問題の大きさを実感するのでした。






3月の性を探求する場SEEXは、6年おきに実施される「青少年の性行動全国調査」で知られる日本性教育協会の資料室見学です。国内外の性教育・性科学等に関する文献資料約50,000点を収蔵している資料室を是非見てみましょ


性を探究する場SEEX 05

日本性教育協会(JASE)資料室見学

3/5(火) 13時-15時

参加費:参加費500円※、学生無料

日本性教育協会 資料室 https://www.jase.faje.or.jp/pub/archive.html

※セックスミュージアム設立準備委員会の運営費とさせていただきます。
参加希望者はご連絡ください、詳細をお伝えします。


ずっと行きたかったのですが、平日しか開いてないのでなかなか行けず。私が楽しみ笑